ネクタイの結び目にディンプルを入れるかどうかが印象を決める

IMG_1928

スーツスタイルの場合、ネクタイの結び方如何で印象ががらっと変わります。

私はネクタイを結ぶとき、必ず結び目にディンプル(くぼみ)を入れます。
立体的できれいに見える、ということもありますが、重視するのは「基本」です。

 

基本に忠実に

ディンプルを入れることは、何も流行っているわけではなく、ましてや私のオリジナルでもありません。

スーツ発祥の地である欧州では基本的なことであり、クラシックな装いの一部なのです。

IMG_1921

くぼみを入れることにより、ネクタイが立体的に見えます。

 

ディンプルがないと・・・

IMG_1926

おじさんくさく見えます・・・

 

本場の着こなしを尊重する

日本のスーツスタイルは、ガラパゴス的な、独自の発展をしてしまっているように思えます。
誰も基本を教えてくれないからです。(スーツ量販店にも責任があると思います。)

外国のテレビ番組での変な和装を見ると、ちょっと日本のことを小馬鹿にしている感じがありますよね。向こうの勝手な解釈で、日本人から見たらあり得ないような格好をしてたりします。

裏を返せば、日本のスーツスタイルもそう見られている可能性があります。

 

何事も守・破・離

私は欧州かぶれでも何でもありません。服装に限らず、物事はすべて基本から知りたい、と思うのです。

守、つまり基本無くしてオリジナリティはありません。独自性を出すならまず基本を身につけてからではないでしょうか。

 

私は知らないことは基本から学ぶことにしています。

 

 

 

 

葬式の場では控える

ただ、この結び方、どちらかというと装飾的なものですから葬式の黒ネクタイでは控えてください。